重量税は、国内メーカーの自動車もしくは輸入車という自動車の生産している国や四輪駆動車、クーペという車のタイプに例外なく例えば、マツダやメルセデスベンツ、などにも同じように納付が必要な税なんです。

新車登録をするさい、あるいは車検に出すさいに支払いが発生するお金なのです。

その金額はそれぞれの自動車の大きさ毎に定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」は全然異なる税金なのでしっかり理解して勘違いしないようにする必要があります。

「自動車重量税という税金は重量により」「自動車税というものはクルマの排気量により」その金額が変わります。

そして、引き取りする場合の待遇も異なってきますので注意が必要です。

中古車を買い取ってもらう際には支払った自動車の金額がいくらあっても、その税金が戻ってくるようなことはないのです。

一方、自動車税の場合は支払い済みの税金を買取額に乗っけてくれるケースがなくはないですが重量税については上乗せされる事例はほとんどないのです。

重量税は売却時に支払った金額が残っているからと言って車の専門業者側でその事実が配慮されることは少ないです。

ですので次回の支払い分かりやすく言えば次回の車検まで売らずに待ってから買い取ってもらうというのがベターです。

車売却の際は還付の対象にならない重量税ですが例外的な場合では返還されることもあるのです。

それは車検期間が残っている廃車処理する時。

つまり、抹消登録をすると残っている期間に応じて額が返ってきます。

ただ、車買取の時はその車が廃車されるのとは違うので戻ってきません。

また所有車の名義の変更をしてしまった時や盗難被害に遭った時なども還付を受けることはできません。

自動車重量税の残存期間がある自動車を買い取るイコール車検期間が残っている中古車ということと同じです。

買取店も計算に入れますので、重量税が残存していれば、それなりに買取額が上がることでしょう。

勿論、売却額は買取業者により異なりますが車検期間がまだあることが忖度されれば売却する車の買取金額と比較するとそこまで割に合わないということもありません。