カードを店舗等で使用する時に誰しも体験があると察しますが店頭の人が不慣れなためどちらの明細をカード利用者に対して渡すのか迷っていることがあるのではないでしょうか。

カードを使うと、マシンからは複数枚の利用レシートが印刷されるためこのレシートのうちどの1枚をカード利用者のもとへ差し出すのかわかりにくいということがあるのです。

3組綴りの紙の解説・・・上述の3枚の使用レシートの説明とは何なのかをまとめると以下の記載の通り。

1お客様へ渡す用のレシート。

2お店の控え明細。

3クレジットカード会社控え利用レシート(署名を行うレシート)。

普通は当然お客さんの方へ渡さなければいけない使用レシートを渡すはずですが、時々店舗で保管する紙をカード利用者へ勘違いして渡すことや、サインされた側の利用明細自体を渡すという事故すら見受けられるのです。

パートの人であるとかいつもクレジットカードが利用されないショップの会計で提示すると、それらのスタッフの戸惑いが見れると思います。

万が一店舗スタッフが誤った方の使用レシートを渡そうとしたときは、親切に「こちらは違いますよ」と直してあげて欲しいです。