私はひとり暮らしなので、お風呂にお湯をためるのが面倒だし、浴槽の残ったお湯も もったいなく感じるので、平日はほとんどシャワーで、予定のない週末だけお湯をためて ゆっくり入るようにしています。 シャワーは春夏はいいけど、秋冬はやっぱり寒いですね。一応、工夫はしていて、 秋冬のシャワーの時は、お湯を高めの温度に設定して、最初にきちんとお風呂の中をあたためておきます。 次に、足湯専用のバケツに42度の少し熱めのお湯をためてバスソルトをいれます。 バスソルトの類は入れなくてもいいですが、やっぱりバスソルトを入れると発汗作用があるので 代謝のアップも期待できます。それに香りもいいので、リラックス効果もあります。 そして、足をつけた状態で髪を洗って、身体を洗います。この時のお湯の温度は40度に設定しています。 足湯効果か?シャワーを浴びて、お風呂からあがった後でも体がぽかぽかします。 ちなみに脱衣所も小型のファンヒーターであったかくしています。 私のお気に入りのバスソルトは、クナイプのラベンダーです。とにかく香りがいいので一日の疲れも癒されます。 足湯の時だけでなく、浴槽にお湯をためた時にも、もちろん使います。