予期せず、いきなり出会うのが自動車事故です。ここでどう作業した結果で自動車の保険金の受け取りもかなり異なることも予測できますので冷静な考えと行動が求められます。予期せぬアクシデントで冷静さを失ってしまうのならば大切な対応を見逃してしまい先々自らが大損をしてしまうケースも予測できるので交通事故に巻き込まれた場合は正確に次に記述した対処を行います。交通事故に遭遇した状況で一番初めにする必要があるのは怪我をした方がいるかどうかのかを確認する必要があります。自動車の事故直後は喪心状態になってしまう場面があり短期間で対応できないのが通常です。その場合、怪我をした方がいた場合は安全な場所に運んでから応急手当を施し周りの人に助けを求めるようにして怪我人の優先に努める必要があります。119番に電話をする時には正確な場所を連絡して不確かな状況では付近の目に留まったお店や交差点名を告げて位置が分かってもらえるようにします。その後で警察署へ連絡し自動車の事故を起こしてしまった事、そして様子を知らせます。救急車と警察の到着を待っている時に相手側の事を聞きます。氏名、ナンバープレートの番号、相手側の自動車保険の会社名と言ったお互いのことを教えあいます。相手方に過失があったような状態では、その場所で結論を出そうとする場面がよくありますが事故現場で解決するのではなくどの状態だとしても警察や自動車保険の会社に通報して、ちゃんと判断してもらいます。各々の身元を交換したら他者のじゃまにならないために障害になる物を道から取り去ります。万が一妨げになった物が他者の交通の邪魔になっている場合は、互いの情報の交換をするより先にその対応を行うことは構いません。ここで自身のお金を払っている自動車保険会社に連絡して、事故を起こしてしまった事を知らせます。車での事故から特定時間の内に自動車保険会社に電話を入れておかないと車の保険の適用除外となることもあるので時をおかずに行うことが重要です。可能であれば事故内容の証拠としてデジタルカメラやタブレットなどを使って事故や愛車の壊れた箇所が分かる写真をを残しておきます。この証拠写真は過失の割合決定する時に大きな証明とできますので己の自動車や先方の自動車の破損箇所を正しく手がかりとして残しておくことが重要です。この状況で他の人がいたならば警察や保険屋さんの人が駆けつけるまでその場所にいて頂くように頼むのも大事です。